補助金で何ができる?お金の使い道をイラストで解説!

前回の内容

「補助金の活用を検討し始めよう!!けど、補助金が使えることは何?」

という疑問を持つ人のための記事です。

せっかくの補助金なので、利用できる範囲で積極的に活用していきましょう!

この記事の内容

補助金活用の検討開始!

補助金は最大6000万円!
色んなことできそうだから、何しよっかなあ。

おっとっと!
今回は新事業に挑戦する補助金だから何に使えるか確認しておかないとね。

ざっくりと、どんなことに使えるんですか?

挑戦したい事業の設備投資や広告など、主には、事業転換や初挑戦のことに活用できるよ!
まずは、「何を購入できるか?ということより、何の事業を開始することで何を達成したいか」を検討してみてね。

わかりました!
そういえば、いくらくらいの金額が使えるんでしたっけ?

おっと!下の記事で紹介しているから参考にしてね

補助金の金額についてはこちら

事業再構築補助金で出来る!資金活用事例!

よし!下に活用イメージを作ってみたから参考にしてみてね。

新規事業の使い方事例

これ以外にもたくさんあるから国のホームページの資料も確認してみてね

経済産業省の活用紹介事例

新しい事業ってことは、飲食店だったのを運送業に変える設備投資ってこともあるのかな?

そうだね。
事業がうまくいくならそれもよし!
事業全部でなくても、対面をオンラインにするような転換も対象になるよ。

ルールはありそうだけど、幅広く申請ができそうですね!

事業転換や新製品など、申請書にはより5つの指針について詳しく書かないといけないから下記の記事も参考にしてね

補助金の5つの指針について

注意!|補助金で購入できないものがある!

それじゃ、新しい事業で飲食店でも始めよっか!
出店のために土地と建物…パソコンも買わなくっちゃ♪

ちょっとちょっと!
新規事業でも購入対象外の物品があるみたいだよ!

補助金で購入できないものの例を記載しましたので、以下を参考してください。

対象にならない経費の例

従業員の人件費、旅費、不動産、株式、車両、パソコン、スマホ、商品の仕入費用、材料、消耗品、水道光熱費、通信費etc…

え…けっこう多いじゃない…
しかも、全部はわからないのね…

仕入れや日常で必要な費用、プライベートでも活用できそうな商品は難しそうだね。

申請可能な事業と同様に対象外の情報を更新していきますのでご心配なく!

新しい情報更新まで少しまってね

まとめ
  • 補助金は事業の転換や新しい挑戦に活用できる!
  • 仕入れや日常で必要な費用、プライベートで利用できそうな設備は購入できないから、購入できないものがあることに注意が必要

次の内容

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の内容
閉じる