補助金はいくらもらえる?自分は対象?わかりやすく解説!

前回の内容

この記事の内容

もらえる補助金の金額

大きな補助金って聞いたけど、どれくらいの金額がもらえるのかな?
あと、そもそも、私たちの会社って補助金もらえる会社なの?

補助金は企業規模や種類によって金額や補助率が変わってくるから表を使って確認していこう!

補助金額・補助率を確認しよう

スクロールできます
会社規模種類補助額補助率
中小企業通常枠100万円~6000万円2/3
中小企業卒業枠100万円~6000万円2/3
中堅企業通常枠100万円~6000万円1/2
中堅企業グローバル枠8000万円~1億円1/2
中小企業・通常枠の場合
例)9000万円の事業を実施

9000万円×2/3=6000万円

(3000万円は自己資金)

9000万円の事業を行うと、6000万円の補助金がもらえて、3000万円が自己資金だね。

6000万円!?けっこう大きな金額だね!!

補助金は、建物をリフォームしたり、新しいアプリを作ったりすることにも使えるよ。
幅広く使える補助金だから積極的に使っていこう!
下の記事で補助金の使い道の例があるから確認してね。

補助金の使い方紹介

そういえば、わたしたちの会社って補助金をもらえる対象になってるの?

タニックスの「業種・資本金・従業員数」を教えてもらっても良いかな?

わたしたちの会社は「建設業・資本金500万円・社員4人」です!

よし!下の表で確認してみよう!

申請の対象業種・企業
(個人を含む)

スクロールできます
業種資本金従業員
製造業その他3億円以下300人以下
卸売業1億円以下100人以下
小売業5000万円以下50人以下
サービス業5000万円以下100人以下

わたしたちの会社の業種は「その他」になるのね。
対象の範囲内になってるからよかったわ!

みんなの会社はどうかな?

このサイトでは多くの申請者が中小企業であることを想定して「中小企業・通常枠」で説明していきます。

次のように、日本の大部分は中小零細企業で成り立っているからね!

多くの会社が対象になりそうだね

そうだよ。
大型で多くの事業者が申請できるチャンスだから積極的に活用を検討してみよう。

まとめ
  • 中小企業がもらえる最大の補助金額は6000万円
  • かかった費用の3分の2の金額がもらえる
  • 個人も含む中小企業が補助金対象者

次の内容

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の内容