【何を書いたら良い?】小規模事業者持続化補助金<低感染リスクビジネス枠>の申請書の概要を解説

今回は、小規模事業者持続化補助金<低感染リスクビジネス枠>の申請書に関する概要を無料で解説していきます。

「申請書にはどんな項目を書いていけば良いのか?」、「どんな申請書なのか?」等、基本的な内容となっていますので初めて申請を検討する人は是非、参考にしてくださいね。
また、以下の記事では、にこいち会議所が小規模事業者持続化補助金<低感染リスクビジネス枠>で採択実績のあるフォーマットを元に無料で申請書の書き方を解説していますのでこちらも参考にしてみてくださいね。

この記事の内容

小規模事業者持続化補助金<低感染リスクビジネス枠>のフォーマットをダウンロード

まずは、申請書を小規模事業者持続化補助金<低感染リスクビジネス枠の公式HPから【様式①】ダウンロードしましょう。

HPの中段にありましたよ

小規模事業者持続化補助金<低感染リスクビジネス枠>のHPより

申請書の概要について

小規模事業者持続化補助金<低感染リスクビジネス枠>は、2つの構成で事業計画書を作成する様式となっています。
その2つは、「①自社の現状と経営課題の整理」 と 「②今回の事業で実施する内容」 の2点です。

一見、当たり前の様に見えますが、これらを5枚以内で記載しなければいけませんので要点を絞る必要があります。
今回は、この大きな2点を様式(フォーマット)に記載してあるテーマごとに概要を説明しており、最後は、この申請書を書く時に全体で注意しなければいけないことを解説しています。

Part①:自社の現状と経営課題の整理

まずは、「 自社の現状と経営課題の整理 」です。
審査員に自社の事業内容や強み、課題等を記載するだけでなく、コロナウイルスで受けた影響を明確にして、今回どんな事業が必要であるのかを整理しましょう。

記載するテーマは以下の2つです

2つの記載テーマ

「企業概要」・「新型コロナウイルス感染症の影響・既に取り組んでいる対策」

STEP
企業概要

自社の概要や経営状況、課題、特徴、自らが製造・販売・提供している商品・サービスの内容や市場動向等について記載しましょう。

また、自社の経営方針・目標等についても記載してください。

STEP
新型コロナウイルス感染症の影響・既に取り組んでいる対策

新型コロナウイルス感染症による自社の経営や事業環境への影響と現在取り組んでいる対策を記載してください。

今回は概要なので詳細はこちらから確認してくださいね。

Part②:今回の事業で実施する内容

自社の事業内容や業界の動向が書けたら次はいよいよ、今回行う事業内容です。
今回は、3つの記載テーマとなっていますので、説明していきます。

3つの記載テーマ

「 補助事業で行う事業名 」・「 補助事業の内容」・「 補助事業の効果 」

STEP
補助事業名

30文字以内で今回行う事業名を記載しましょう。
30文字という少ない文章ですが、今回の事業がどんな事業でどんな効果を得ることができるかを記載していると審査員がイメージを持てるので、次の項目以降の内容が頭に入りやすくなりますよ。

Jグランツ上の申請フォームと同じ補助事業名を記載してください。

STEP
補助事業の内容

感染拡大防止のための対人接触機会の減少に資する新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等の取組について、取組内容や実施体制、スケジュールを具体的に記載してください。

補助金を活用して何を購入、投資するのかだけでなく、販路開拓や事業継続のために何をどのように行うか等、具体的に記載することで実現可能性の高い内容としていきましょう。

STEP
補助事業の効果

補助事業の実施により、自社の経営に与える効果について記載してください。

数値化が難しい定性情報だけでなく、数値化が可能な定量情報も記載しましょう。

また、効果の根拠をしっかり記載することが必要です。今回は概要なので、次回の【詳細編】では、具体例も使いながら説明していきます。

最後には、その成果を元に、売上や収支の予測を記載して今回の事業が有効な事業であることを示しましょう。

「売上が●●万円を見込んでいる。」だけでなく、何をどのように取り組んで●●万円になるのかを具体的に記載しましょう。

今回は概要なので詳細はこちらから確認してくださいね。

Part③:申請書全体で注意すべきこと

小規模事業者持続化補助金<低感染リスクビジネス枠> では、一般型と違い、文字のフォントやサイズの指定があります。

どこまで詳細に確認されるかはわかりませんが、以下のように指定された内容で申請書を作成しましょう。

・<経営計画>及び<補助事業計画>は、合計最大5枚までとしてください。

・ファイル形式は、Word又はPDFとし、ファイル容量は3MB以内に収めてください。

・フォントは日本語「MS 明朝」英数字「Century」文字サイズは11にしてください。

・ファイル名は、「【事業者名】補助事業名」としてください。

・「本注意事項」、下記の「<経営計画>及び<補助事業計画>内の黄色塗りつぶしの文書」については、申請時に削除して構いません。

小規模事業者持続化補助金<低感染リスクビジネス枠>注意事項より

電子申請だからファイル名の規則も守らないといけませんね

まとめ

今回は、小規模事業者持続化補助金<低感染リスクビジネス枠>の申請書に関する概要について説明しました。
【詳細編】では、テーマごとにどんなことを記入するのかを説明していますので、ぜひ、確認してみてくださいね。

「申請書の概要」のまとめ
  1. 自社の現状と経営課題の整理
    1. 企業概要
    2. 新型コロナウイルス感染症の影響・既に取り組んでいる対策
  2. 今回の事業で実施する内容
    1. 補助事業で行う事業名
    2. 補助事業の内容
    3. 補助事業の効果
  3. 申請書を書く時の注意点が5つある!

持続化補助金の一般型の申請書解説はこちらから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の内容