【最新版】事業再構築補助金|緊急事態宣言特別枠の申請でビジネスチャンスを掴もう!

こんにちは。にこいち会議所です。

7月30日に、事業再構築補助金第3回公募が始まりました。

「緊急事態宣言特別枠」の第1回公募では60%以上の採択率と、採択が大きく期待できる申請枠なので新しいことに挑戦できるチャンスです。今回は、そのチャンスを掴むため、事業再構築補助金第3回公募の「緊急事態宣言特別枠」をまとめた内容となっています。

第2回公募で終了予定だった「緊急事態宣言特別枠」が第3回公募でも再度、募集されることとなったので、申込を検討していた人にとってはまたとないチャンスですね!

色んなチャンスがありそうですね!

今回は、以下の事業再構築補助金HPにあります公募要領(第3回)を元に緊急事態宣言特別枠の内容まとめています。

事業再構築補助金公募要領(第3回)
この記事の内容

【事業再構築補助金】緊急事態宣言特別枠の内容①-申請スケジュール

まずは、申請スケジュールです。全申請枠共通となっています。

申請スケジュール
  • 公募開始:2021年7月30日~
  • 申請受付:2021年8月下旬予定
  • 応募締切:2021年9月21日-18時迄

【事業再構築補助金】緊急事態宣言特別枠の内容②-補助金額

補助金額の上限が従業員人数によって違う

事業再構築補助金第3回公募では、従業員人数によって補助金額の上限が異なる内容となっています。
緊急事態宣言枠の補助金額は以下のとおりです。

補助金額
【 】は従業員人数
  • 【5人以下】…100~500万円
  • 【6~20人】…100~1,000万円
  • 【21人以上】…100~1,500万円

一般枠やその他の枠も従業員人数によって補助金額が異なりますので確認しましょう。

【事業再構築補助金】緊急事態宣言特別枠の内容③-補助率

第2回と同じ内容で最大3/4

補助率は第2回公募と同様の内容となっています。

補助率
  • 中小企業者等…3/4
  • 中堅企業者等…2/3

【事業再構築補助金】緊急事態宣言特別枠の内容④-補助事業実施期間

第2回と同じ内容で12か月以内

こちらも第2回と同様で、他の申請枠とも同じですね。

補助事業期間

交付決定日~12 か月以内(ただし、採択発表日から 14 か月後の日まで)

【事業再構築補助金】緊急事態宣言特別枠の内容⑤-補助対象経費

第2回と同じ内容(全申請枠共通)

こちらも第2回と同様で、他の申請枠とも同じ内容となっています。

補助対象経費

建物費、機械装置・システム構築費(リース料を含む)、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、外注費、知的財産権等関連経費、広告宣伝・販売促進費、研修費

【事業再構築補助金】緊急事態宣言特別枠の内容⑥-申請条件

事業再構築補助金第3回公募の緊急事態宣言枠を申請するには5つの条件があります。

事業再構築指針に示す「事業再構築」の定義に該当する事業であること

5つの事業再構築指針の内、いずれかに該当する必要があります。事業再構築指針は下記の記事をご活用ください。

事業再構築指針の内容はこちらから

売上減少要件に該当していること

事業再構築補助金第3回公募では、売上減少の要件が前回より複雑になっています。解説記事を近日公開予定です。コールセンターでも確認できますので連絡先を掲載しています。

売上減少要件について
コールセンター
  • ナビダイヤル…0570-012-088
  • IP電話…03-4216-4080

緊急事態宣言の影響を受けて売上が減少していること

金融事態宣言地域に位置する事業者でなくても影響を受けていれば、申請対象となるようですね。

次の内、①か②の要件を満たす必要があります。

  • 【要件①】令和 3年の国による緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛等による影響を受けたことにより、令和3年1月~8月のいずれかの月の売上高が対前年又は前々年の同月比で 30%以上減少していること
  • 【要件②】令和3年の国による緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛等による影響を受けたことにより、令和3年1月~8月のいずれかの月の付加価値額が対前年又は前々年の同月比で 45%以上減少していること

付加価値額の要件が新しく追加されていますね。

付加価値額は以下のとおりです。重複して紹介しておりますが、ご了承ください。

付加価値額の計算方法

付加価値額=営業利益+人件費☨減価償却費

事業計画を認定経営革新等支援機関と策定していること

こちらは全申請枠共通事項ですね。「認定経営革新等支援機関」への相談先の特徴は3種類用意していますので、参考にしてみてください。

付加価値額の増加目標を達成する計画を作ること

補助事業終了後 3~5 年で付加価値額の年率平均 3.0%以上増加、又は従業員一人当たり付加価値額の年率平均 3.0%以上増加する見込みの事業計画を策定すること

付加価値額は以下のとおりです。

付加価値額の計算方法

付加価値額=営業利益+人件費☨減価償却費

【事業再構築補助金】緊急事態宣言特別枠の内容⑥-加点項目

事業再構築補助金第3回公募の緊急事態宣言枠でも申請に加点項目が2点ありますので、活用することで採択に近づけることができますね。

【令和3年の国による緊急事態宣言の影響を受けた事業者に対する加点】

  1. 令和3年の国による緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛等により影響を受けたことにより、2021 年 1 月~8 月のいずれかの月の売上高が対前年(又は対前々年)同月比で 30%以上減少していること。
  2. 上記①の条件を満たした上で、2021 年 1 月~8 月のいずれかの月の固定費(家賃+人件費+光熱費等の固定契約料)が同月に受給した協力金の額を上回ること。

【事業再構築補助金】緊急事態宣言特別枠は高採択率なのでチャンス

事業再構築補助金第1回公募の緊急事態宣言枠採択率は66.25%と高採択率です。
コロナウイルスに関連した補助金であること、加点項目が設定されていることを考慮すれば、第3回公募も高採択率が期待できると考えています。

第1回公募の採択に関する記事は以下からご覧ください。

事業再構築補助金第1回公募
緊急事態宣言特別枠の採択内容

【事業再構築補助金】緊急事態宣言特別枠のまとめ

事業再構築補助金第3回公募-緊急事態宣言特別枠の内容をまとめます。

緊急事態宣言特別枠-まとめ
  • 申請期限は2021年9月21日18時迄
  • 補助金額の上限が従業員人数によって違う
  • 補助率は最大3/4
  • 補助事業期間は12か月以内
  • 補助対象経費は全申請枠共通
  • 申請条件は5種類
  • 加点項目は2種類あり
  • 高採択率が見込まれるので申請希望者はチャンス
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の内容
閉じる