【朗報】2022年の確定申告を簡単に期限延長できる方法を解説します

こんにちは。にこいち会議所です。

3月15日までの確定申告にギリギリにせまっているみなさんに国税庁から【朗報】です。

2022年の確定申告は以下の記事でも3月15日までと説明していましたが・・・

確定申告は、簡単な申請で4月15日まで延長することができるようになりました。

今回は、2022年の確定申告期限の詳細や延長方法を解説していきます。

この記事の内容

【2022年】確定申告は、なぜ4月15日まで延長可能に?!

2022年2月3日に国税庁より、以下の発表がありました。

オミクロン株による感染の急速な拡大に伴い、確定申告期間(申告所得税:2月16日~3月15日)にかけて、感染者や自宅待機者のほか、通常の業務体制が維持できないこと等により、申告が困難となる納税者が増加することが想定されます。

いては、令和4年4月15日までの間、簡易な方法により申告・納付期限の延長を申請することができるようにしました。

令和4年2月3日-国税庁(報道発表資料)

オミクロンは重症化しにくいから延長しなくてもよいのでは?

ラッキー♪

など、さまざまな意見がありますが、私の仕事関係者も現在、ICUで治療している人もいらっしゃるので、そういったっ方々にとっては助かる対応ですね。

まとめサイトでも以下のような声がありました。

もっと詳細を知りたい方は、以下の国税庁のHPも確認お願いします。

次は、申請方法を確認しましょう。

【2022年】確定申告延長の申請方法

書面提出の場合

申請方法はいたってシンプルです。書面で提出する人は、以下の画像のように、申告書の右上の余白部分に、「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と記載してください。

【確定申告書記入例】

電子申告の場合【国税庁編】

国税庁の確定申告書等作成コーナーを利用して電子申告する場合は、以下の画像のとおり、「送信準備」画面の「特記事項」欄に、「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と入力すればOKです。

【電子申告の記載例】

電子申告の場合【他の会計ソフト編】

国国税庁の確定申告書等作成コーナー以外の会計ソフトを活用する場合は、所得税の申告書等送信票(兼送付書)の特記事項欄に、「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と入力すればOKです。

【他の会計ソフトの記載例】

まとめ

これまでのとおり、2022年の確定申告は、コロナウイルスの影響によって3月15日までに確定申告が難しい人は、4月15日まで延長することが可能です。

書面提出・電子申告いずれにしても、指定の箇所に「新型コロナウイルスによる申告・納付期限延長申請」と記載、入力していればOKです。

簡単に延期できそうだけど、早めに済ませましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

この記事の内容
閉じる